水槽を極める

水槽の選び方

アクアリウムで熱帯魚などを育てる場合には、どのような水槽を使うかによって、アクアリウムのやり方が大きく違ってきます。 30センチ水槽など、小さめの水槽を使用する場合には、掃除などがやりやすいというメリットが有りますが、水質が安定しにくくなるため、熱帯魚の飼える匹数は、少なくなってしまいます。 60〜90センチの大型水槽の場合には、上部フィルターなどが必須となったり、掃除の手間が増えますが、多くの熱帯魚を飼っても、水質が安定しやすいというメリットが有ります。 水槽の価格は、30センチ水槽の場合は約2000円、60センチ水槽は約3000円、90センチ水槽は約9000円が相場となっています。 アクアリウムというのは、自分のライフスタイルにも合わせて水槽などを選択することで、快適なアクアリウム生活を送ることができるようになります。

はじめてアクアリウムの水槽をつくると費用はどのくらい

憧れのアクアリウム水槽を持つとしたら、予算と合うかどうか、どの位の費用が掛かるか心配です。そこで大体の予算を調べてみました。 水槽30センチから90センチ(横幅)のものがあり、2000円から購入できます。水槽には重さに耐えられる台が必要なのでこれが7000円ほど、さらにアクアリウムが壊れないよう下に敷くマットが1000円、照明の蛍光灯・LEDともに4000円かかります。水槽内の水をろ過する装置が7000円、そのフィルターが1000円です。 魚が優雅に泳ぐアクアリウムの世界に必要なのが水草で3000円くらい、魚は小型の熱帯魚でも20匹いると絵になりますから、それに3000円ほど必要となります。その他ヒーターや餌、水質調整剤・水草を植えるソイル、砂などなど合わせて6万は掛かると考えてください。アクアリウムを維持する電気代も夏・冬1300円から2500円かかります。